茂原商工会議所青年部

会長所信

茂原商工会議所青年部 平成29年度会長 保川 謙一 保川建設(株)

茂原商工会議所青年部(以下、茂原YEGとする。)第36代会長職を預からせて頂きます、保川謙一と申します。
宜しくお願い申し上げます。これまでの諸先輩方の活動に恥じぬよう、一生懸命、使命を全うしたいと思います。

さて、私は茂原YEGに入会してからもうすぐ3年ですが、この間、茂原YEGに所属できていたことは、本当に貴重な経験となりました。たとえば、私が入会した平成26年度には、20名弱だった茂原YEGも、現在約90名もの会員が所属するようになっております。これは平成26、27年度と2期にわたって会長に就かれた向後研二直直前会長を中心とした「会員大拡大」の精力な活動の大きな成果だと思います。

そして、平成28年度、昨年は金丸勝直前会長の「茂原WAY」のスローガンのもと、“星のソース”、“青年部スクエア”、“長生アクション”等々、数々の新しい事業を立ち上げ茂原YEGの活動を“過熱”“加速”していただきました。
これら近年のYEGの活動は、周囲の方々からも大きく注目していただくこととなり、諸先輩方の努力と熱意に大きく感謝と敬意を表したいと思います。

さて、そこで今年度のスローガンですが、【茂原WAY ~“茂原らしく”創り、発信していこう!~】とさせていただきました。
これは、昨年の「茂原WAY」をさらに進めていくものと考えております。

会員数は増え、新しい物産ができ、新たな連携の基礎も出来ました。
ただし、私自身を含めてほとんどの方が、会員になってから3年未満のメンバーです。経験が浅いことは、否めない事実であり、数々の失敗もあることと思います。しかし、だからこそ、先入観のない様々な事業を進めてこれたとも言えます。

これこそ、今の“茂原らしさ”と言えます。この“茂原らしさ”を、「これからのまだ見ぬ会員に、形にして残していくこと」「それを発信することで、誇りをもって茂原YEGに所属できるようにしていくこと」これを今年の“茂原WAY”としたいと思います。

そして、それを達成するために、外部への強力な発信力を発揮していただく「三上筆頭副会長」、周辺地域を巻き込みながら地域のイベント・七夕を盛り上げる3委員会を担当していただく「新沢副会長」、会員・企業・地域の成長と仲間を増やし、連携を強める3委員会を担当していただく「内山副会長」にお願いしました。この3副会長6委員会で“茂原らしさ”創り、発信していく「茂原WAY」を進んでいきたいと思います。

最後に、この「茂原WAY」が皆さま、ご家族、企業、地域がより良く発展する道となることを願い、結びとさせて頂きます。
ありがとうございました。

平成29年度 事業計画

  1. 総会、役員会の開催
  2. 七夕まつり・冬の七夕まつり事業の実施
  3. 本納納涼祭の実施
  4. 会員・家族の親睦の為の事業の実施(各種懇親会・家族会)
  5. 会員増強・資質向上の活動(経営女子会、右腕の会)
  6. 地域活性化事業の実施(桜まつり、ごみゼロ運動、産業祭り等への参加)
  7. 他団体との交流(長生郡内商工会青年部等)
  8. 日本YEG・関青連・千葉県青連の諸事業への参加
  9. その他

平成29年度委員会事業計画

1.地域企画委員会
  • 茂原市内、近隣町村で行われる地域行事及び活動に関する窓口
  • 地域活性化事業、街づくり事業の実施
2.親睦委員会
  • 会員相互の親睦を図る事業の実施
  • 会員企業発展のための事業の実施(右腕の会)
  • 会員企業の見える化、ビジネスマッチング等の実施
  • 新会員向けオリエンテーションの実施
3.会員増強委員会
  • 会員数の拡大の検討・実行
  • 女性会員の相互研鑽・増加(経営女子会)
  • 会員企業の見える化、ビジネスマッチング等の実施
4.未来計画委員会
  • 長生アクションの方向性策定・開催
  • 長生郡内商工会青年部との交流
  • 新年会・全国大会の企画運営
5.渉外委員会
  • 長生アクションの方向性策定・開催
  • 長生郡内商工会青年部との交流
  • 新年会・全国大会の企画運営
6.七夕委員会
  • 七夕事業の企画・運営
  • 冬の七夕事業の企画運営
PAGE
TOP